maintitle.jpg

WHOは,健康の社会的決定要因に関する決議を元に,都市の健康格差を特定し是正するためのツールとしてUrban Health Equity Assessment and Response Tool(Urban HEART)を開発しました. http://www.who.int/kobe_centre/publications/ja/

その中には,赤,黄,緑色の3色で,都市間比較する「健康の公平性モニター」(下記のp27)が含まれています.http://www.who.int/kobe_centre/publications/urban_heart_jp.pdf



JAGES(Japan Gerontological Evaluation Study,日本老年学的評価研究)プロジェクト は,Urban HEARTの枠組みを参考に,日本の高齢者における健康の公平性評価・対応ツール(JAGES HEART)をJAGESデータを活用し,WHO神戸センターと共同して開発しています.http://www.who.int/kobe_centre/ageing/j_ages_heart/ja/index.html

2010/11年調査に参加した31自治体間で要介護リスクなどを比較できるJAGES HEARTは下記でご覧いただけます.



<JAGES HEARTの見方>
左手の31個の四角(A〜EE)は,31自治体を表しています そのデータを数字の大きい方から並べ5つに分け(5分位),数字の大きい方から順に, 赤,オレンジ,黄色,薄緑,緑色の5色で色分けしてあります




■シングルマップ http://www.doctoral.co.jp/WebAtlas/WHK/Single_WHK/atlas.html

■ダブルマップ http://www.doctoral.co.jp/WebAtlas/WHK/Double_WHK/atlas.html